物件と立地の関係

しがないサラリーマンです。

アパート経営の利点は、マンション投資時に起こるような

「エリア特性に大きく影響されることがほぼ皆無である」

ということです。

マンションの棟数があまりないローカル地域でも、

その場所にある物件に投資が可能なのです。

収益物件におきまして、

だれも居住していない状態の物件のことを空室物件と言い表しています。

入居者がいない空室物件は、

すぐにでも入居者を探さなければいけないということがありますが、

事前に細かいところまで部屋の中を調べることが可能です。

アパート経営だけというわけではないですが、

アパート経営をする場合も様々な管理会社が存在しているわけで、

その中には固有のアパートローンを

前面に打ち出しているところもあるみたいです。

マンション経営を検討している方が大勢いらっしゃいますが、

一押し物件は一部の人気エリアに多くあります。

近い将来価格も跳ね上がり、

今よりずっと競争が激化すると思われます。

アパートなどに対する不動産投資では、

収益物件の鑑定の為に利回りと称される数値を用いますが、

より詳しく言うと、年間の賃貸料の総額から税金などを引いて、

これを物件の価格で割った「実質利回り」の利用が中心になっています。

マンション投資ということでは、

建物が長くもつところも利点と言えましょうが、

魅力的な物件を発見した場合は、

何を差し置いても大きな修繕の時に使用する

修繕積立金は大丈夫そうかも調べてみることは必須だと思われます。

不動産投資セミナーが注目されていますけれども、

特定の人を対象に限定的に催されているものもよく見られ、

殊に参加資格は女性限定で、

賃貸アパートに関する注意点を説明してくれるようなセミナーに

申し込みが殺到したりするらしいです。

不動産投資セミナーというのは、

中古物件がらみのセミナーだろうと信じている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、建設用の土地を買うことも盛り込んだ

新築アパート経営を主題とするようなセミナーも少なくありません。

不動産を購入して賃貸経営をしている人は、

一般的に入居募集の広告をすることであるとか退去時の様々な手続き、

および点検や修繕といった管理関係の業務を、

管理会社などと契約をしてお願いしているということです。

収益物件を選ぶことが必要な場合は、

利回りがどうなるかといったことを考えながら、

貸借人の視点を持つようにしてください。

要するに、常識的な感覚を忘れてはいけないのです。

海外不動産投資に関しては、

バブルにわいた頃のいい加減な不動産投資に近い感じがして、

海千山千の人は至極危険に思うはずですが、

それはとても常識的なセンスと言えます。

不動産投資をするようなときには、

その物件でどれだけ稼げるかを念入りに把握する必要があるのですが、

そのようなときにかなりの人が着目するのが、

利回りという数字であるようです。

サブリースというのは、借りた物件を又貸しすることにより、

マンションオーナーに一定の収入を保証してくれるのですが、

その金額というのは通常の家賃の

80%もしくは90%ぐらいのものであると言われています。

海外不動産投資にトライする資格があると言えるのは、

国際的な金融の仕組みも把握している、

オールラウンドな投資家のみです。

危険の大きい海外不動産投資は、

素人が関わっていいものと言うことはできないでしょう。

賃貸経営においては、物件の選定さえミスることがなければ、

ずっと利益をあげることができるということです。

ある意味、本当に低リスクの投資であると思われます。

不動産投資における収益確保

しがないサラリーマンです。

一般的な不動産投資とは、

物件を貸すことで生まれる収益を確保することですが、

収益を安定化させるには管理をしっかりこなすことが必須事項です。

そうは言っても物件の管理など、

大概のことは不動産会社が請け負ってくれます。

ほとんどは首都圏ですけれども、

不動産投資セミナーは随分と関心を集めています。

例外はあるとしても、

マンションなどの賃貸料が収益となる不動産投資は安定していて、

若い年代の心理にしっくりくるのだと判断できます。

サブリース(一括借り上げ)については、

契約でオーナーに家賃収入が保証される期間がちゃんと定められています。

契約期間と言いますのは通常2年で、

賃貸料は再契約する時に改定できるということになっています。

不動産投資セミナーというものに関しては、

中古マンションのセミナーに決まっていると勘違いする方もますが、

アパート建築用の土地を取得するというところからスタートする

新築アパート経営を主題とするものも見受けられます。

様々な不動産投資の情報というものは、

お金を出して色々購入しなくても、

情報発信者が明確に記載されている企業や個人投資家のサイトで確認できます。

やってはいけない事についても内容が詳しく掲載されていますから、

それらを参照すれば、未経験者でも投資に挑戦することができます。

オーナーから見ると、サブリース(一括借り上げ)は、

空室対策を考える必要がないといったメリットがあると言えますが、

賃料の改定があったりとか、

リフォームする際の費用はオーナー側が負担する必要がある、

などのリスク要素もあるということをご理解ください。

「購入資金を低く抑えることができる」

という理由で選ぶ人も多い中古のマンション投資ですが、

地方にあるようなマンションはお勧めできないと説明されることが多いのは、

地方のマンションは空室のままで家賃収入が得られない危険性があるためです。

マンション経営に関して、

プラスアルファの価値をもたらすリノベーションなども、

一つの投資と考えることになるのです。

なぜそういう見方をするのかと言うと、

うまくリフォームすれば、

結果としてより高い家賃を設定することが適うかもしれないからです。

評判の不動産投資セミナーの件ですが、

大部分のものは何の問題もないはずです。

ですが、高い値をつけたノウハウを売ろうとする場合もあるので、

ビギナーは気をつけてください。

不動産で資産を活用できる収益物件には、

家賃など一定の賃料で得られる利益以外に、

買った時よりも高く売って、

利益があがるような物件もあることは無視できません。

賃貸料みたいな利益は預金利息と同様の「インカムゲイン」、

不動産を売って得た利益は、

ゴルフ会員権の売買で得られる利益と同様の「キャピタルゲイン」、

と呼ぶ場合もあるので、頭に入れておいてください。

キャピタルゲインは物件を売却をすることで利益が確定します。

最近では、一括査定サービスを使って、

物件を売却するのが多くなっているようです。

一括査定サービスによっては、

都内だけでなく地方や田舎のエリアでも使えるものもありますので、

売却を検討している方は、是非一度試してみると良いと思います。

不動産投資セミナーはたくさんありますが、

特定の人を対象に限定的に開かれているものもかなりあり、

女性のみを集めて、アパート等における収益を詳しく論じるようなものに、

申し込みが殺到したりすると聞いています。

不動産投資をするという時は、

気に入る物件を見つけることはもちろんのこと、

実力のある営業マンと関係を築くこともとても重要なポイントになります。

資料請求も素晴らしい営業マンを探し出すための一つの方法と言えます。

マンション経営に関しては、

「いくらの節税効果が期待できるかとか利回りが重要ポイント」

などと言われるのはもっともではあるのですが、

そのような損得計算に振り回されると、

思いとは裏腹に当てが外れるといった可能性も考えておくべきです。

順調なマンション経営をするうえで重要な点は、

外的には人気エリアであること、

内的にはプランや設備がしっかりしていることではないでしょうか?

立地とかプランが良ければ、

なかなか入ってくれる人がいないというリスクは減るということです。

海外不動産投資にスポットライトが当たりましたが、

「今後海外に所在している収益物件をゲットする」という方は、

目一杯用心して将来の収益を計算することが大きなポイントになります。

不動産投資は安定した投資

しがないサラリーマンです。

マンションなどの賃貸経営においては、

物件のチョイスさえミスをするようなことがなければ、

長期にわたって収入を確保することが可能だと言えます。

つまり、本当に安心できる投資だと考えられます。

不動産投資の面白さを1つあげるとすると、

実際のところきわめて安定した投資だということです。

金融投資もしくはFXなどと比較検討してみても、

失敗要素があまりなく、

やり方をミスらなければ身を滅ぼすことがない、

と言っても良い投資ジャンルになります。

こういったことから目下人気があるのです。

そもそも不動産投資とは、

空き物件を作らず家賃回収するだけの、

とてもシンプルなものだと思っています。

賃貸経営に関しては、

物件を取得した際の不動産会社に、

ついでに管理を頼む場合が大半だと思いますが、

空室対策に不満があると思うなら、

ほかの管理会社をあたってみるといいかも知れません。

多くの業務内容を管理専門の不動産会社が代行してくれるので、

不動産投資を行っている所有者がすることと言うと、

大事な時にローン枠がもらえるように、

必要のない借入などをせず、

本業にまい進することだと言えます。

マンション経営をする場合、

プラスアルファの価値をもたらすリノベーションなども、

マンションへの投資の一部と見なすことを忘れてはなりません。

質の高いリフォームを敢行すれば、

必然的に家賃を上げることが望めるからです。

一口に不動産投資といっても様々なスタイルがあります。

自分に合ったスタイルを見つけて愚直に行動していくこと、

これが成功への道だと思います。

理想的な物件なんてほとんどない

しがないサラリーマンです。

マンション経営に興味があるなら、

撤退するケースも見越しておかねばならないでしょう。

ネガティブな予想が現実になったとしても、

なお資金面で不安がないと判断するなら、

本格的に検討してみてください。

マンション経営において一番いいのは、

そこに現住している人がそのまま購入してくれることだと思っています。

そのためにも、

しっかりと管理体制の整っている物件を取得するのが一番です。

首都圏に限れば、

不動産投資セミナーは本当に参加者が殺到しているみたいです。

おおむね賃料で儲けられる不動産投資は安定的な利益が見込め、

20~30代の気持ちになじむみたいです。

ちょっと前に海外不動産投資が注目されたのは、

タイやシンガポールなどの収益物件を買っておけば、

「この先思っている以上に値が上がるだろう」と指摘されたせいです。

細々した業務全般は管理会社が行ってくれるため、

不動産投資に取り組んでいる持ち主が実施することは、

どんなときでも金融機関から融資してもらえるように、

無駄な借金は極力回避して、本業にまい進することだと言えます。

海外不動産投資が人気ですが、

「近い将来海外のどこかで収益物件を購入する予定がある」なら、

かつてより慎重に先々のことを考えることが大きなポイントになります。

賃貸料目当ての賃貸経営の一つに、

アパート経営やワンルームマンション経営等があるわけですが、

これらの経営に際して留意しなければならないことを挙げるなら、

空室対策があります。

家賃を収入源とする不動産投資においては、

収益物件の査定をするようなときに

利回りと称される数値を利用するのが一般的ですが、

もっと言うならば、年間で支払われる賃貸料から必要経費分を除き、

これを購入金額で割って出される「実質利回り」がよく使われます。

不動産投資セミナーにも工夫が見られ、

対象となる範囲を限定して開かれるというようなものもかなりあり、

わけても女性限定で、

マンション等の不動産の投資について

説明するセミナーが大人気であったりします。

収益物件と呼ばれるものは、

マンションやアパートといったものしかないと思っては困ります。

目的で見てみるならば、

オフィスに最適化されている収益物件も存在しますし、

店舗に適した物件や工場に適した収益物件もかなりの数があります。

一括借り上げを売り込む会社などは、

「安心家賃保証システム」等と広告を展開しています。

それを言葉通りに受け取るのは避け、

契約を交わす前に、きっちり契約の中身を確認することが大切です。

昨今は不動産による収益を求めて投資する不動産投資は、

為替などより定評のある投資として根付いた感がありますが、

そういうトレンドのもと、不動産投資セミナーがしばしば開催されています。

マンションのオーナーなど賃貸経営している人たちは、

通例入居者を募集することだとか退去時の引き渡し、

はたまた点検・修理などの物件を管理する業務を、

専門の会社に委託している模様です。

人気の高いマンション投資ですが、

長期にわたって価値を守るつもりがあるのだったら、

毎年整備をすることは不可欠だと言えます。

予想に違わず、大手業者が分譲するマンションは、

多少古くなったものでもしっかりしているようです。

不動産投資がいいと聞いて資料請求しても、

思ったほどこれといった物件に出会えないというのは誰しも経験することです。

理想的な物件なんてなかなかないということは、

利回りを計算してみるだけでも明白でしょう。

再開発エリアの物件

しがないサラリーマンです。

20代後半から、中目黒の徒歩1分のボロマンションに住んでいました。

もちろん、その頃はマンションは買えなかったので、

住んでいたのは賃貸マンション。

そこを契約した不動産屋さんで、「とある約束」があって、

その条件に合意のもとマンションを借りました。

それは、再開発にかかってるマンションだということです。

1年後か、10年後かわからないけど、

再開発の準備ができたら立ち退いてもらうか、

そこに住宅ができたらしばらく他のところに引っ越してもらって、

また再入居するかどちらかになりますよ。という条件でした。

引っ越し好きの自分は、どちらにしても楽しそうだな?、、と、

二つ返事で思い快諾しました。

駅1分とはいえ、階段5階だった為、重い荷物を運ぶのが大変だったり、

下まで降りてから忘れ物に気づいたりして大変な思いをしましたが、

川沿いで春は桜もベランだから見えたし、

駅前もすぐで楽しい毎日を送っていました。

4年ほど住んだ時に、再開発の話がやってきました。

条件としては、107万円くらいの立ち退き料をもらって引っ越すか、

新しくできるマンションの一窒を3,500万で購入するか、

のどちらかでした。

後者の方は、今住んでるのと同じレベルか、

少しいい部屋にグレードアップされるものの、

頭金800万円現金で用意しないと駄目ということで、

107万の立退き料をもらって引っ越すことにしました。

それを元手に安いマンションを購入しました。

良かったと思いきや、

5年後にできた中目黒の再開発のマンションの価格帯を見てみたら、

住めるはずの部屋が何と7,000〜8,000万円で販売されていました。

目先の立退き料より、5年後の再入居の方がお得でした。。。

同じようなケースはなかなかないとは思いますが、

再開発が計画されているエリアの不動産は、

将来的に値上がりをする可能性が高いです。

しっかりとリスクを踏まえつつ、よく考えてから判断しましょう。

区分と一棟

しがないサラリーマンです。

区分マンションを中心に、

しがない不動産投資しています。

今年は3月に目黒に1戸、8月に世田谷に1戸購入しました。

これで所有物件は計6戸、毎月の家賃収入は49万円となりました。

一棟物件を買い進めてガンガンと投資規模を拡大していく人、

私のようにコツコツと区分物件を買い進めてしがなくやっていく人、

世の中には様々なタイプの不動産投資家がいます。

全ては、その人のリスク許容度がどれくらいなのか、によります。

一棟物件を買い進めていくこと=莫大なローンを背負うこと、です。

私の場合は、今のところ不動産投資で大きなリスクを取ろうと思っていおらず、

自分の取れる範囲内のリスクで、しがなくやっていくのがベストなのです。

また、一棟物件に比べて、区分物件は価格もリーズナブルなので、

買いやすい&売りやすい、というメリットもあります。

また、物件やエリアを分散させやすいので、

それに伴うリスクを低減できる、というメリットもあります。

どういうことかというと、例えば、所有物件が火事になった時、

一棟物件だと大々的なダメージがほぼ全戸に影響してきます。

区分物件の場合は、ダメージがあっても、その1戸だけで済みます。

これからも、コツコツとしがなく、

区分物件への投資を続けていきたいと思います。